Eyestalk Ablation, Yokohama

Eyestalk Ablation
by Tim Byrnes and Kyoko Ebata
for Volcana Brainstorm or, How to Make Shrimp Feel Sexy
by Elena Knox (Yokohama Triennale 2020 edition) http://www.elenaknox.com/volcana.html,
Ladies 2F, PLOT48, Yokohama Triennale 2020 https://www.yokohamatriennale.jp/english/2020/  
会場: 横浜トリエンナーレ 2020 PLOT48, 2F 婦人トイレ https://www.yokohamatriennale.jp/2020/ 

海藻、バクテリア、エビなどを水槽に入れた循環システム「エコスフィア」は太陽光があれば自己完結的に生態系が存続するという。しかし、その中のエビたちは、すべての生態系バランスが取れているにも関わらず、なぜか繁殖することを止めてしまうという。

エレナ・ノックスの参加型プロジェクト《ヴォルカノ・ブレインストーム》では、エビのための「ポルノグラフィー」を創ることにより、閉ざされた生態圏における官能性と生存について探る。(ウェブ版美術手帖より引用)

ノックスの課題に答えたティム ・バーンズと江幡京子は、一般的に繁殖を促すために養殖のエビに施されている眼柄除去の技術をハロカリディナ・ルブラ(ハワイ原産の体長2ミリ程のエビ)に施こし、ウランガラスでできたエコスフィアに放した。

トリエンナーレの会期中にバーンズと江幡が作ったエコスフィアにハロカリディナ・ルブラが繁殖する可能性はある。60年代から様々な分野でたびたび話題になってきた持続的閉鎖生命システムに関する難問題が解決されてしまうかもしれない。

しかし、そのことはメスのエビ=女性は閉じられたエコスフィアの中=地球では、傷がなければ生殖することができないことを意味するのか?女性が弱い立場であれば生殖するのか?

An ecosphere is closed, self-regulating system containing ecosystem. There is a problem, even though  the system is balanced, shrimps stop making offsprings. 

“Keep your species alive in the sphere by making offspring!” This is an assignment given from a workshop, Volcana Brainstorm organised by Elna Knox. 

Tim Byrnes and Kyoko Ebata have applied eyestalk ablation which is used frequently in in aqua farming to encourage reproduction, to Halocaridina rubra Holthuis, a small Hawaiian shrimp of approx. 2 mm in length, and placed to an ecosphere made of uranium glass carafe. 

 A baby shrimp may be born during the Triannual and the regendry problem since 60s may be solved. 

Here is a question, do females have to have a scar to reproduce in the closed system= the earth? Do we reproduce if a female is scared?

DIY operation tools| DIY手術道具
cubicle 1
REALITY
cubicle 2
TEQUNIQUE
cubicle 3
LOVE/PAIN
cubicle 3
LOVE/PAIN
cubicle 4
FUTURE or CULT?
cubicle 4
FUTURE or CULT?
cubicle 4
FUTURE or CULT?

Eyestalk ablation is the removal of one or both eyestalks from a crustacean. It is routinely practiced on female shrimps in almost every marine shrimp maturation or reproduction facility in the world, both research and commercial. 

The aim of ablation under these circumstances is to stimulate the female shrimp to develop mature ovaries and spawn. Most captive conditions for shrimp cause inhibitions in females that prevent them from developing mature ovaries. Even in conditions where a given species will develop ovaries and spawn in captivity, use of eyestalk ablation increases total egg production and increases the percentage of females in a given population that will participate in reproduction. Once females have been subjected to eyestalk ablation, complete ovarian development often ensues within as little as 3 to 10 days. 

Halocaridina rubra, the Hawaiian red shrimp or volcano shrimp is a small red shrimp (less than 15 mm) of the family Atyidae, with the common Hawaiian name ‘Opae’ula. Halocaridina rubra is endemic to the Hawaiian islands, and most commonly found in anchialine pools in fresh lava substrates. They are very strong and commonly used in demonstrations of completely closed self-sustaining ecological systems. 

An ecosphere is materially closed ecological systems which are self-sustaining over a period of years.  At room temperature, and with only low inputs of light, the algae produce oxygen which supports the shrimp and bacteria. Bacteria break down the shrimps’ wastes. The breakdown products provide nutrients to the algae and bacteria upon which the shrimp feed. The manufacturer states that shrimp live in the EcoSphere for an average of 2 to 3 years, and are known to live over 10 years.

Such systems are not indefinitely sustainable in the sense that the reproductive capability of the shrimp is highly suppressed and the ecosystem perishes after a single generation. For a truly self-sustaining closed system one therefore must demand that the participating species have the ability to reproduce. As one of the most common techniques employed to enhance the reproductive ability of crustaceans in aquaculture, eyestalk ablation is a prime candidate for realizing a truly self-sustaining ecological system. 

For the work <<Eyestalk Ablation>> Tim Byrnes and Kyoko Ebata performed DIY eyestalk ablation on Halocaridina rubra Holthuis and placed in a carafe made from uranium glass. Following their work<< Nutopia 2011>>, where they created a biotope containing a nuclear powered energy source after the Fukushima Daiichi disaster, the uranium carafe is a symbol of the toxified environment of the modern world. 

If we, as humans, interpret that the violent ablation constitutes a significant individual threat, can we assume that the shrimp farm females need to be in crisis in order to “feel like” reproductive sex? Moreover, might physical safety and bodily autonomy even prevent child-bearing in closed environments? 

Do females have to have a scar to reproduce in the ecosphere= the earth? Ebata and Byrnes seek for a solution of the declining birthrate.

————

Eyestalk ablation とは甲殻類の目がついている細い棒状の部分である眼柄 除去のことで、リサーチ、商用等の目的に関わらず、世界中ほぼ全ての海洋性のエビの成熟・繁殖施設で、日常的にメスのエビに対して行われている。 

エビが捕獲捕されて飼育される状態はメスが成熟した卵巣を形成することを阻害するが、眼柄除去を行うことによって、メスのエビの卵巣を成熟化と抱卵が促される。また、メスのエビの卵巣が発達し放卵が可能な環境においても、眼柄除去は全体の産卵数、繁殖をするメスの数を増加させる。メスに眼柄除去を行なった後は、3日から10日で卵巣が成熟する。 

ハロカリディナ・ルブラはヌマエビ科の小さなエビで、ハワイの固有種である。 その体長は最大1.5cmに満たない。原産地のハワイではオパエウラと呼ばれ、 溶岩が流れ出ているアンキアライン池に生息する。他に多くの名前があり、ハ ワイアンレッドシュリンプ、スカーレットシュリンプ、ピクシーシュリンプ、ホロホ ロシュリプなどがある。ハロカリディナ・ルブラは非常に強いことから、完全に密閉されたエコシステムの実演に使われることが多い。 

しかし、この密閉されたエコシステムではハロカリディナ・ルブラが産卵がしないので、本当の意味で持続可能なエコシステムとは言えない。密閉された環境ではエビの生殖能力が抑圧され、一世代のみしか生き延びることがないからだ。真に種の継続が可能な密閉されたエコシステムを作り出すために、一般的に最もよく行われている生殖を促す技術である眼柄除去をハロカリディナ・ル ブラにも施すことは、不妊問題の解決の有力な候補であると言えよう。 

<<Eyestalk Ablation>> において、ティム ・バーンズと江幡京子はハロカリディナ・ルブラにDIYで眼柄除去を施し、更にエビをウランガラスでできた水差しに放した。

ウラングラスはごく少量のウランを含有していて、紫外線で光る特質がある。バーンズと江幡が福島第一発電所事故の後に作った作品<<Nutopia 2011>>で、原子力を利用したエネルギー源をビオトープに設置したように、ビオトープを現代の世界と見立て、ウランの水差しを毒されてしまった環境の象徴とした。

そしてこの暴力的な眼柄除去を人間個人の問題として解釈してみると、生殖のための性交を行うには女性は危機的状況にある必要があるのだろうか?

メスのエビ=女性は閉じられたエコシステムの中=地球では、傷がなければ生殖することができないのか、傷つけられ、 弱い立場であれば生殖するのか?バーンズと江幡は種としての人類の生存について問う。

Texts on the walls

entrancebut we are not shrimpだけどわたしたちエビじゃないし
mirrorAre you happy now?
cubicle 1
REALITY
you walk around me like a dog
I order myself to be still in love and at the same time to be no longer in love. 

The sense of belonging and collective mind brings the group of people to stability.
When a modern person realises his/her independence, the desire for love becomes deeper.

In the contemporary world, where not only female but also male are excluded from labour; there everybody wishes to be beautiful and loved


ずっと恋をしながら、もう恋をしていないようになりたいの
近代人が自立と孤独を自覚したとき、恋愛への渇きは深まる。
女性だけでなく男性も労働から除外されつつある現代では、みなが美しくありたがり、愛されることに貪欲になっている。
cubicle 2
TEQUNIQUE
you hum like a monkey

We kept on killing the sacrificed  shrimp. Because we found a fictional story and cannot go back before we found it. Moreover, we believe that to keep on doing this is the freedom of choice and gives us reason to live.

I don’t need porno, I just want to give what a man want. In fact all the porno actress are my enemies who steal my man.
この個室のテーマは「テクニック」、エビの目をつぶす技術=相手に子供を産んでもらう技術です。オブジェは物置から見つけた作家の父親の子供時代のもの(想像)で、ろうそく立てと小さなナイフや栓抜きなどの入ったピクニック用ツールで、これで女の子とデートに行っていたのではないかと思っています。

わたしたちは生贄のエビを殺し続けた。それは、虚構の物語を見つけてしまい、後戻りすることができなくなったからだ。それをすることが、個人の自由な選択で、人生に意味を与えると信じ込んでいる。
cubicle 3
LOVE/PAIN
you giggle like a cat

We might have lost our ability to tolerate confusion, doubts and contradictions.

We regard abnegation as something to keep within the enclosure of our my Image-repertoire.

The lover who loves me the most is the other who harts me the most

わたしたちは混乱や疑いや矛盾に耐える能力を失ってしまったのかもしれない。

いまだにわたしたちは、自分の自己犠牲を自分の想像界の囲いの中にとどめている

わたしをもっとも愛する人はわたしをもっとも傷つける人である
cubicle 4
FUTURE or CULT?
We’re going home

Show me whom to desire

We should get pregnant when we are young and stupid, and beautiful and biologically at the height of the physical strength..  And we, the society should look after like the wise elephants do.
Japan may sank after the next large earthquake or nuclear power station accidents.

Japanese would wonder around the world like the old time Jewish people who lost their country. The key to unite Japanese together would be food as a religion. 

Objects: the memory of a date of my father
この個室のテーマは「未来」です。みんなで楽しく生活しつつ、子供も産む、産みたい人はって、思っていたらいつのまにか中年になってしまいました。もしかしたら、昔のように10代で子供を産んで、できる人が子育てするのが、一番効率がいいのではと思ったりしています。

誰を欲すべきか教えて下さい。

賢い象みたいに、十代で子供を産んで、できる人が面倒を見るべき。

女性も一人の部屋と年に500ポンドのお金を手に入れることができる今、女性も異質だが対等の関係として男性の前に純粋な欲望として立つと当然のように葛藤が生まれてくる。安定した社会を保つために、グループのサポートが必要になってくるのは当然と言えよう。

近い将来日本は沈没するかもしれない。その時日本人は古のユダヤの民ように世界中を放浪するかもしれない。その時日本人をつなぎとめるのは、宗教としての食だろう。

オブジェ:作家の父の物?海辺でのデートの思い出(想像)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください