To Our Neighbour

<Photography by Yuri Manabe>

Cordial invitation to:

Kyoko Ebata, Eva Kietzmann

To Our Neighbour
– A site-specific installation in 2 parts –

Part.1 – An art picnic on blue sheets

Performance and drawings
by Kyoko Ebata and Eva Kietzmann

Day: Sunday Apr 8, 2018
Time: 2 – 5 pm

Venue: House of Ebata
1-16-30 Higashi, Kunitachi-shi Tokyo 186 0002 Japan
The show will be held at Kyoko Ebata’s private house
http://houseofebata.blogspot.de/

The starting point for the artists’ theme is an old, stylish homeless woman who lives on the streets of Tokyo-Kunitachi. It is the neighbourhood of artist Ebata Kyoko. Seeing her every day on her way to work, started a process of reflecting on the dynamics of communication that happen in public spaces. Especially to strangers who are forced to switch public space into their private settings.

Turning a common place like a bench, a front door or stairs of an empty shop into a private setting can be confusing for others, disturbing, or sometimes inviting. It is an interaction that differs from the common expectations. It creates a space of uncertainty. And it confronts us with the construction of the space itself and how it is socially regulated.

Starting from this the artist’s goal was to investigate the way of communication in this public place.

Ebata Kyoko started to think of the condition of the homeless woman and how to interact with her – or not. At that day she will invite us to join her for an art picnic on blue sheets in her garden.

While Eva Kietzmann, through drawings, reflects on urban design and how it regulates people’s interaction.

The project space “House of Ebata”, is located in the garden of the artists private house. The event is going to take place in cherry blossom season. In this season, all Japanese go under the cherry blossom, sit on blue sheets and drink sake: In these late evenings, we see homeless people and office ladies talking and drinking together, under the blossom as the same drunken people.

It is known that homeless people collect the “blue sheets” used as picnic sheets, and use them to make their houses later. The magic of the blossom gives us a illusion of communication.
There are no cherry blossom trees in the garden of Ebata but the street outside her house are filled with blossoms. However, the event is meant to be a site specific interaction with the environment in which the homeless woman live.

Remark:
Please be aware that the performance will be documented. If you do not want to appear in the picture please let us know before the event starts.

About the artists:

Kyoko Ebata

Selected Works

Eva Kietzmann
http://evakietzmann.net/

江幡京子、エファ・キーツマン

To Our Neighbour
– サイトスペシフィックインスタレーション(二部構成)

Part.1 – ピクニック

江幡京子とエファ・キーツマンによるパフォーマンスとドローイング

日時:2018年4月8日(日)14:00~17:00

場所:House of Ebata 国立市東1-16-30
http://houseofebata.blogspot.jp/

この展覧会の発端は、東京の国立に住むおしゃれなホームレスの女性にある。国立はアーティストの江幡京子の自宅のある地域で、江幡が毎日のようにホームレスに会ううちに、公的な場所でのコミュニケーションのダイナミクス、中でも公共の場を私的な場所にせざるを得ない他者の存在に思い悩み始めた。

ベンチ、閉店中の店舗の入り口の前や階段などの公共空間を私的な場所に変えることは、他人にとって困惑することであるかもしれないし、迷惑だと感じるかもしれない。あるいは興味をそそられることかもしれない。その行為は社会的常識から逸脱した交流で、不確かさを残す相互作用であるからだ。ゆえに公共の場所とは何か、そして社会は公共の場所をどのように管理しているかを提示することにもなる。

この展覧会ではこのような公共の場所におけるコミュニケーションに焦点を当てた。このホームレスの女性とどのように関わるか、もしくは関わらないか、思い悩む江幡はイベントの当日、人々をブルーシートの上でのピクニックに招待する。一方エファ・キーツマンはドローイングで都市のデザインがどのように人々の交流を管理するかを露わにする。

展覧会場である「House of Ebata」はアーティストの自宅の庭にある。展覧会は桜の花見シーズンに行われる。この時期には日本人全員が桜の花の下で饗宴すると言っても過言ではない。深夜の上野公園で、OLとホームレスが酔っ払い同士の会話を繰り広げることも目撃されることもある。そして、花見の後はホームレスが御座として使われたブルーシートを集めて自分たちの住処を作るのだ。桜の魔力がコミュニケーションの幻想を生み出すとも言えよう。

江幡の家の庭には桜の木はないが、家の外の大学通りには桜の木が並び、毎年多くの観光客でにぎわう。この日、展覧会を通して周辺環境としてのホームレスの女性とサイトスペシフィックなコミュニケーションが行われる。

注意:パフォーマンスでは記録を行います。写真を撮られることに抵抗のある方は予め主催者にお申し付けください

 

 

 

 

コメントを残す